降魔成道のオフタイム

アクセスカウンタ

zoom RSS 石のアートと中町こみせ通り

<<   作成日時 : 2017/05/18 20:35   >>

ナイス ブログ気持玉 97 / トラックバック 0 / コメント 18

 ここのところ忙しくてまた少し放置してしまった。

 津軽旅行2日目の5月1日、弘南鉄道で黒石に行った。昨年2月に弘南鉄道で黒石に来たときは市内を散策せずに黒石温泉郷に直行したが、今回は市内散策、特に「中町こみせ通り」が目的。

まず弘南鉄道弘前駅。前回は時間的都合で駅舎撮影をパスしたので。
画像


弘前駅ホームで撮影。
画像

画像


田んぼアート駅で下車。駅のホームから津軽富士・岩木山。
画像


昨年2月は「冬の田んぼアート」を観たが、今回は「石のアート」。
ご承知の通り、「田んぼアート」とは田んぼを巨大なキャンバスに見立てて、色の異なる稲を植えることで絵や文字を描くプロジェクトである。元々は1993年に青森県南津軽郡田舎館村が村起こしの一環として始め、現在は全国各地で行われるようになった。ここ田舎館村では稲のない冬や田植え前の春にも観光客を呼び込むために、このような取り組みを始めている。
地上14メートルの展望台から撮影。一見してわかるように、展望台から観ることを十二分に計算して描かれている。
画像

画像

展望台の下りの回廊で撮影。昨年の田んぼアートのポスター。
画像


道の駅いなかだて。「弥生の里」と言う田んぼアートと同じエリアにある。昨年来たときはスタンプブックを携帯してこなかった。
画像

画像


ここからてくてくと歩いて田舎館駅へ。と言っても徒歩10分位の距離。
画像


終点の石黒駅で下車し、駅前の観光案内所で話をうかがったり、地図やパンフレットを入手して、中町こみせ通りに向かった。

 ここは重要伝統的建造物群保存地区に選定されている地区で、種別としては商家町。弘前藩の支藩としては黒石藩1万石が成立し、ここに陣屋が置かれて黒石は商業の街として発展した。こみせ通りは江戸時代後期から明治時代にかけての建造物が現在も存在している。特に目を見張るのは江戸時代から続く雁木造。雁木造は出羽や越後でも見られるが、津軽では「こみせ」と呼ばれている。雁木造の通りがこれだけまとまって残っているのは、多分他に例はないと思われる。
画像

画像

画像

松の湯交流館。市民の交流の場として、あるいは街歩きの拠点として、多目的に利用されている。屋根を貫く松がシンボル。
画像

画像

ここは平成5年まで、銭湯として利用されていた。
画像

黒石はこけしも有名だが、こちらは黒石商の生徒が考案したこけしのチェス。名付けて「こけス」。
画像


再びこみせ通り散策へ。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


 次に向かったのは金平成園(かねひらなりえん)。津軽で幕末から明治にかけて流行した大石武学流と称されている形式の庭園。春夏秋にそれぞれ2週間ほど一般公開される。
画像

画像

画像

池は藻が繁殖している。本来は豊かな水流があり、もっと清らかな池だったそうだが、経済的に厳しく時間限定で水を流しているとのこと。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

このように飛び石がV字状に配置されているのが大石武学流の特徴の一つ。一番手前の石から数えて右側の八つ目に大石が配置され、そしてその先に池がある。左側の先は枯山水のような世界となっている。
画像

画像

この石灯籠に火を灯せば三日月が映えるだろう。
画像

画像

画像

大石武学流庭園については私もわからないことだらけである。津軽には大小合わせて300以上の大石武学流庭園があるとか。中でも弘前市の郊外にある瑞楽園は有名な大石武学流庭園で、一度訪れてみたいと思う。

帰りに平賀駅で下車。農協ビルの中に駅がある。と言うか駅舎を農協が建て替えたのだろう。
画像

今回は黒石温泉郷まで行く時間がなかったので、平賀駅から徒歩10分ほどのここで入浴。
画像


 今回の津軽旅行も楽しかった。とても有意義な時を過ごすことができた。また機会を作って訪れてみたい。




柏木温泉
青森県平川市柏木町柳田227-2
0172-44-7600
柏木温泉ホームページ
なし
泉質 ナトリウム塩化物泉
時間 6:00~22:00
料金 350円
ボディーソープ、リンスインシャンプーなし

東北 道の駅スタンプラリー(34/153)
秋田県(26/31)
01 たかのす 大太鼓の里
02 ふたつい きみまちの里
03 にしめ はまなすの里
04 やたて峠 天然杉といで湯の里
05 はちもり お殿水
06 かづの 花輪ばやしの里 あんとらあ
07 かみおか 茶屋っこ一里塚
08 ことおか 土笛の里
09 東由利 黄桜の里
10 かみこあに 秋田杉とコニアチドリの里
11 象潟 ねむの丘
12 なかせん ドンパン節の里
14 てんのう 夢と神話の里
15 岩城 島式漁港公園 岩城アイランドパーク
16 しょうわ ブルーメッセ・あきた
17 みねはま ポンポコ101
19 おおうち は〜とぽ〜と大内
21 ひない 比内鶏の里
22 五城目 悠紀の国 五城目
24 雁の里せんなん 雁太郎
25 きょうわ 四季の森
27 おおがた
28 あきた港
29 こさか七滝 樹海ライン
30 大館能代空港
31 うご 端縫いの郷
青森県(7/27)
07 ひろさき サンフェスタ石川
14 もりた アーストップ
15 浅虫温泉 ゆ〜さ浅虫
16 いかりがせき 津軽「関の庄」
17 いなかだて 弥生の里
23 つるた 鶴の里あるじゃ
24 ふかうら かそせいか焼き村
山形県(1/20)
15 天童温泉 わくわくランド



弘南線
弘前・・・・平賀・・・田んぼアート-田舎館・黒石

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 97
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
この田圃アート、テレビで見ましたが、今回は石ですか。
明度を合わせて石を選ぶのは気に遠くなるような選別作業だと思います。
ひょとして石に色を塗っているのでは?と思ったりもしますがそうではないんですね。
石原裕次郎が素晴しいです。
写真が斜めに立っているように見えるので、地上では奥が広がっている訳ですね

こけしのチェスが「こけス」ですか^^。
「こしェス」の方が分りやすいような気がしました。
アルクノ
2017/05/18 22:41
これ全部 石なんですか。
スゴイ完成度高いですね。
赤いのは、どうなっているんでしょう?
只々、驚きです〜(@_@;)
田舎舘駅、趣がありますね〜。。
ふーう
2017/05/19 08:44
お早うございます
石で出来てるんですか
色々考えますね〜
雪国ならではの街並み
興味わきますね
すーちん
2017/05/19 08:48
こんにちは

アートあり歴史あり
興味が尽きませんね
素晴らしい旅日記
楽しみですね
無門
2017/05/19 18:28
アルクノさん、コメントありがとうございます。
成長し変化していく稲に比べれば、石の方が簡単じゃないですかね。もちろん容易なことではないでしょうが、田んぼアートで培った20年のノウハウの応用としてはのことです。

こけスのスペルはKokessだとか。これを考案した黒石の高校生もなかなかやりますね。
降魔成道
2017/05/19 21:31
ふーうさん、コメントありがとうございます。
完成度の高い作品ですよね。田舎館村の人たちも頑張ってますね。これからも期待したいです。
降魔成道
2017/05/19 21:34
すーちんさん、コメントありがとうございます。
雪国ならではの通りですよね。次回は雪の季節に訪れてみたいと思ってます。
降魔成道
2017/05/19 21:39
無門さん、コメントありがとうございます。
道祖神のまねきにあひて、取もの手につかず。
どこかに出掛けたくなります。旅は良いですよね。心がリフレッシュできるし、色々と好奇心を刺激されます。これからも続けていきたいものです。
降魔成道
2017/05/19 22:17
コメントいただき有難うございす。
今年も桜の時期に北東北ツアーで弘前に行きましたが、
混雑している弘前城だけ見て来ました。
年寄りで個人旅行には行けませんので、
皆様の個人旅行で行かれるローカルな場所に素敵なものが
ありますので今後も楽しみにしております。

カズジイ
2017/05/20 10:52
石のアート、素晴らしいですね。
こけス・・・とっても可愛いです。キーホルダー等で販売されているのなら買いたいです♪
高校生のアイディア、ないスですnice!
クリム
2017/05/20 12:31
こんにちわ!
石のアートには驚きました。
写真のように見事ですね。
金成平庭園も枯山水庭園なのですか?
いろいろみりょくあるところですね。
ロシアンブルー
2017/05/20 15:49
石のアート、すばらしいですね。
実物を見たいくらいです。
金平成園、大きな石が印象的です。
このような石があったこと、驚きます。
はるる
2017/05/20 19:28
津軽地方へは行ったことがなく興味津々です。
雪をかぶった岩木山もいいですね。更に、石のアートまであるとは驚きました。こちらも徐々に人気が出そうですね。
中町こみせ通りは、実に風情があって味わい深そうです。いつか歴史に触れながら散策してみたいです。
ミクミティ
2017/05/21 19:20
カズジイさん、コメントありがとうございます。
カズジイさんの津軽旅行のブログは拝見しました。同じ時期の津軽旅行となりましたね。カズジイさんのお写真は私のよりもずっと綺麗ででしたね。さすがです。私は学生時代から気ままな一人旅を好んでいます。家族や友人との旅行ももちろんしますけど。
降魔成道
2017/05/21 22:26
クリムさん、コメントありがとうございます。
平成22年に東北新幹線が新青森駅まで開業したときに、黒石市のお土産になるようなものはないか、と言う発想からこけスが生まれました。お土産なので、ストラップなどもすでに商品開発されてますよ。
降魔成道
2017/05/21 22:39
ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
金平成園は大石武学流という庭園様式です。一部が枯山水となってます。
降魔成道
2017/05/21 22:55
はるるさん、コメントありがとうございます。
大石武学流という庭園様式の名前の由来もまだよくわかっていないようですが、いくつもの大石が使われているのは間違いありませんね。
また津軽旅行したら庭園巡りもしてみたいです。
降魔成道
2017/05/21 23:01
ミクミティさん、コメントありがとうございます。
中町こみせ通りもそうですが、黒石はなかなか風情のあるいい街でした。またじっくりと巡ってみたいです。
降魔成道
2017/05/21 23:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
石のアートと中町こみせ通り 降魔成道のオフタイム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる